スロット攻略の極|鉄拳デビル Ver

鉄拳デビル Ver

HOME

© 2014 スロット攻略の極

通常時レア役合算値

小役出現率に設定差があるのは、弱チェリー・強チェリー・スイカ・チャンス目です。各小役ごとを設定判別要素にするよりは合算した方が精度が上がり、見切りが早くなるとの事なので、合算値をご紹介

通常時レア役合算値
設定11/41.80
設定21/40.40
設定31/39.10
設定41/37.88
設定51/36.74
設定61/35.66

設定判別に使える決定的な小役が無いので、4役合算した方が効率がいいです。単純に中段チェリー以外のレア役を全てカウントと覚えれば問題ありません。

BACK

© 2014 スロット攻略の極

リバースロック発生率

リバースロック発生率
設定1段階2段階合算
1/3931/18591/325
1/3801/18011/314
1/3681/17461/304
1/3561/16951/294
1/3451/16471/285
1/3351/16011/277

レバーONでリールが逆に動き少し固まる(リバースロック)高設定ほど、リバースロックがよく発生する。ちなみに、3段階まで行くとフリーズ確定!

BACK

© 2014 スロット攻略の極

低確・通常滞在時の当選率

低確・通常滞在時
設定11/5652
設定21/4258
設定31/3481
設定41/2330
設定51/2391
設定61/1679

低確or通常モード滞在時にチェリー・スイカからのART突入率に設定差が存在。上記の表は4役合算(弱チェ・強チェ・弱スイカ・強スイカ)のART突入率である。

BACK

© 2014 スロット攻略の極

高確滞在時の弱フラグ当選率

(超)高確滞在時
設定11/1318
設定21/1316
設定31/855
設定41/620
設定51/805
設定61/600

高確(超高確)滞在時に弱フラグ(弱チェ・弱スイカ)からのART突入率に設定差が存在。ART初当たり確率は設定差があるため、要チェック!

BACK

© 2014 スロット攻略の極

鉄拳チャンス移行率

鉄拳チャンス移行率
設定11/643.25
設定21/596.30
設定31/541.82
設定41/513.70
設定51/458.75
設定61/387.23

鉄拳チャンス移行率に設定差が存在する。設定1と設定6では1.7倍近い差が存在するため、設定推測要素出来そう。

BACK

© 2014 スロット攻略の極

立ち回りまとめ

立ち回りまとめ

上記に挙げたほかにも鉄拳チャンスやART突入率は高設定の方が優遇されているのはもちろんの事。荒れやすい台なので、過度の期待は禁物。去れる状態では潔くヤメましょう。ヤメ時間違えると大変な事になりますよ!

BACK

© 2014 スロット攻略の極

設定変更時の特徴

朝一高確スタートは熱い

設定変更後は50%で高確スタートとなる。また、同一設定に打ち変えた場合には低確スタート確定となる。設定1→設定1は必ず低確スタート。設定6→設定6でも低確スタートとなる。この法則を知っていれば、朝一はかなり有利に立ちまわれるはず。

BACK

© 2014 スロット攻略の極

天井解説

天井詳細

ARTしか搭載していないので、ART間で1500GハマるとART発動

ペナルティについて

第一停止は左リールのみ。それ以外はペナルティ。天井までのゲーム数がストップし、5G間ART抽選が受けられなくなる。

BACK

© 2014 スロット攻略の極